味の素「アミノエール」60代から始めたい効果の内容とは!

アミノエール

加齢により基礎代謝が低下して筋肉量も減少しますが、特に60代に入ると身に沁みて筋肉の衰えを感じるようになります。

筋肉の衰えは疲れやすくなったり、立ち上がる時の動作が苦痛になったりと症状は様々ですが、常生活に支障が出るようになるのは、60代から顕著に現れ始めます。

脚の筋肉と体幹筋(インナーマッスル)は特に重要で、これらの筋肉の衰えは、日常生活に於いての危険度が増すことに直結します。

例えば、関節痛や歩行困難と高血圧や糖尿病などとも関係をしてきます。

体の動きのバランス感覚は、体幹筋により維持されていますが、体幹筋や脚の筋肉の衰えは以下の状態を引き起こす為に、日常生活の中で事故発生リスクが非常に高まります。

  • 転倒しやすくなる
  • 姿勢が前屈みになり視野が狭くなる
  • 骨盤や背骨への負担が大きくなる
  • 筋肉量が少ないと骨密度も低下する

■ 筋肉の衰えは骨折を加速させる!

加齢によるもう一つの症状は、骨密度の低下があります。

この、骨密度の低下と筋肉の衰えから骨折が増加することをご存知だろうか。

転倒による骨折や、重い物を持った時の骨折などの事故は、60代から急増する原因は骨道度の低下と筋力の低下の両方によるものなのです。

躓き転倒

中でも躓きが多い事も特徴の一つで、これは脚の筋肉の衰えと体幹筋の衰えの両方が影響しています。

歩行バランスが悪いことに合わせて、スリ足に近い歩行になることから、ちょっとした段差でも直ぐに躓いてしましいます。

脚に筋肉が弱く、踏ん張れずににそのまま転倒して頭をぶつけたり、手首やヒジを骨折してしまうケースが非常に多いのです。

寝たきり老人

更に骨折の状態によっては、そのまま寝たきり老人になってしまうケースも増加しています。

■ 近年、何故そんなに事故が多いのか?

便利な社会と事項の増加

近年、60代以上の高齢者で足腰の関節痛や転倒による骨折が毎年増加しています。

現代社会では、日頃から筋肉を使うことが少ないので若い頃から既に筋肉肉量が少ない方が多く、これに加齢が加わり日常生活に支障を及ぼす事が多いからです。

また食生活に於いても、バランスの悪い食生活が原因の一つとされています。

関節痛や転倒事故と骨折などを防ぐには、若い時から筋肉量を落とさないようにしなければなりませんが、60代からでも十分に筋肉を取り戻すことができます。

■ アミノエールの効果について

味の素が発売したアミノエールは、効率的に筋肉を付ける機能が確認されているもので、機能性表示食品として消費者庁へ届け出にて許可されているものです。

軽い運動ステーキ

老化による筋肉の衰えを防ぐには、日常的な適度な運動と、より良質のタンパク質の摂取が必要となります。

ですが、昔の生活様式とは異なり、既に若いうちから筋肉量が減少していた今の60代では、加工食品の多い普段の食事からでは、良質なタンパク質の摂取は十分ではありません。

身体の成分は、水分が約60%、糖質・脂質が約20%、タンパク質が約20%の割合で作られています。

タンパク質は水分を保ちながら多くの細胞をで身体を作り、糖質や脂質をエネルギー源として細胞が活動(運動)
していますが、身体が動く時に働く筋肉もタンパク質で作られています。

身体のタンパク質は20種類のアミノ酸から構成され、皮膚、筋肉、臓器、ホルモンなど、大部分はアミノ酸からできているのです。

アミノ酸の種類

このアミノ酸は、体内で生産することが出来るアミノ酸と、外から摂取しなければならないアミノ酸とに分かれてますが、外から摂取しなければならない物を「必須アミノ酸」と呼んでいます。

この必須アミノ酸の9種類の中で、特に「ロイシン」は筋肉の生成に重要なカギとなるもので、食事から摂取するタンパク質などに含まれ、欠かすこの出来ない成分です。

しかし、加齢とともに消化分解酵素も減少するため上手くタンパク質を分解できず、アミノ酸の吸収量が減ってしまい、筋肉量の減少にも繋がっています。

    <研究により既に明らかにされていること>

  • ホエイタンパク質の必須アミノ酸組成成分が「筋タンパク質」の合成を誘導することが研究により明らかにされています
  • 分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一つである「ロイシン」が、シグナル伝達分子 mTOR を活性化し、筋タンパク質合成を促すことも解っています。

上記の研究で、筋肉量の維持にはアミノ酸の摂取がとても効果的だということが解ります。

しかし60代になると、筋肉維持に必要なアミノ酸摂取が不足するために、益々筋肉量の減少を加速させて、生活の中での事故発生リスクを高めています。

さまざまな事故を防ぐために、普段の食事からアミノ酸摂取することは必要なのですが、老化という大きな壁が立ちはだかっているのです。

アミノエール

そこで味の素「アミノL40」では、アミノ酸成分に着目したものとなっています。

アミノL40は「必須アミノ酸」をを全て配合し、特にロイシンが高配合されています。

つまり、老化により消化分解酵素の働きが衰えても、分解せずに直接アミノ酸成分を吸収出来るのです。

サプリメントとして常用することで筋肉組織を作りやすい体内環境を整え、日常的に軽い運動を繰り返すことで、体幹筋や脚の筋肉を増やす効果を与えてくれるものです。

■ まとめ

「アミノL40」を常用することで、以下の効果を得ることができます。

  • 体幹筋や脚の筋肉が増えて歩行バランスが改善されれば、転倒によるリスクの軽減されます。
  • 筋肉量の増加は、老化による骨密度の低下予防にも良い影響を与えます。
  • 第二心臓とも呼ばれる脚の筋力が増加することで、血流も改善されたり代謝が良くなるので、高血圧や糖尿病などのリスクも軽減される効果も期待できます。
  • 老化による内蔵機能の改善効果も期待できます。
  • 高価な肉類を食べる必要もなく、良質なアミン酸を摂取できます。

骨折などから寝たきりになったり、周りに迷惑を掛けるようなことにならない為にも、60代に入り筋肉の衰えや日々の生活に不安を感じている方には、特におすすめのサプリメントですが、年齢を問わず若い内から始めれば、より効果的に筋肉作りに役立ちます。

口コミでも評価の高い筋肉サポートサプリメント。飲んで見た方の口コミはこちらから確認できます。


 

アミノ L40とビタミンDをダブル 味の素 アミノエール 30包 02P03Dec16

 

アミノ L40とビタミンDをダブル 味の素 アミノエール 30包

アミノエール

アミノエールには、味の素KKが独自に開発した栄養成分「アミノ L40」と、加齢による体の健康維持に必要な注目成分「ビタミンD」をダブルに配合し、衰える筋肉を維持することと、軽い運動を日常的に行うことで体幹バランスや体力作りに役立つ機能を発揮してくれます。

※ 飲み方:飲みやすい粉末スティックタイプ30包入り

【 成分等 】

  • 還元麦芽糖、デキストリン、ロイシン、リジン、バリン、イソロイシン、スレオニン、フェニルアラニン、メチオニン、クエン酸、
  • ショ糖脂肪酸エステル、ヒスチジン、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース、アセスルファムK)、トリプトファン、貝Ca、レシチン(大豆由来)、香料、着色料(V.B2)、V.D
  • スティック30本入り箱(約30日分):102g(3.4g×30本)
  • エネルギー13.3kcal、たんぱく質3.0g 脂質0.04g、炭水化物0.1~0.5g、ナトリウム0.20mg、 ビタミンD800IU、アミノ酸(ロイシン1.2g、その他アミノ酸1.8g)

このページの先頭へ