ディアナチュラゴールド サーデンペプチドの効果について

ヂュアナチュレ

アサヒグループ食品は、血圧が高めの方の血圧低下サポートする「ディアナチュラゴールド サーデンペプチド」を2016年8月より販売しています。

高血圧の方は全国に4000万人もいるとされていますが、血圧が高いと気になっている方も多いことでしょう。

血圧の低下に役立つサプリメント「ディアナチュラゴールド サーデンペプチド」の効果について内容を紹介して見たいと思います。

「ディアナチュラゴールド サーデンペプチド」の効果

血圧が日常的に高くなってきた方に役立つサプリメントです。

血圧上昇は、主に生活習慣や食生活の乱れなどにより、動脈血管が老化して硬くなることで起きる症状です。

放置すると、動脈剥離や動脈解離、脳梗塞や心筋梗塞などと命に関わるリスクが日々高まります。

血管は、一度老化して硬くなるともとに戻らないとされていました。

「ディアナチュラゴールド サーデンペプチド」に含まれる、サーデンペプチド(バリルチロシンとして)は、
飲み続けることで、血管を若返らせ柔軟性のある状態にする作用が確認されました。

イワシの筋肉タンパク質から抽出した、サーデンペプチド(バリルチロシンとして)は、血圧上昇を促すホルモン(レニン・アンジオテンシなど)の働きを抑制するものです。

この作用は、多くの機関でマウスによる実験で確認されていますが、人による臨床試験でも確認され、そのデータを届け出にて消費者庁から機能性表示食品として許可されています。

届け出許可番号 : B284

安全性の考慮し、1日の摂取目安量2粒を目安として飲み続けることで、穏やかに血圧低下をさせてくれます。

( 2粒のバリルチロシン配合量 : 400μg(0.4mg))

※ 毎日、決まった時間に血圧測定記録しながら利用することをお勧めします。

血圧の正常値は?

血圧とは、心臓から血液を押し出される時の血管壁との間で生じる圧力のことで、水銀柱の高さmhgの単位で表現されています。

血圧は、心臓に近い動脈血管ほど圧力が高く、遠い血管ほど圧力は低下しています。

このため、左腕の上腕部(ひじの上)で測定した値を用いるように定義されています。

しかし最近では、手首などに装着するものなど、さまざまな血圧測定が出来る電子測定器が販売されていますが、これは、上腕部と手首などの圧力差を一般的な平均値を用いて、内部で計算処理をしているものです。

ですから、多少の誤差を含むものと理解しておいた方が良いでしょう。

血圧の正常な値

日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン」にでは、成人の正常血圧値は以下のようになっています。

心臓収縮期血圧が130 mmHg未満

心臓拡張期血圧が85 mmHg以上

上記の範囲であれば正常値とされていますが、最近では、個人差があることから、この範囲や上下の値に異論を唱える方もいます。

このため、以下のような判断をされるようになっています。

心臓収縮期血圧が130~139 mmHgの範囲

心臓拡張期血圧が85~89 mmHgの範囲

上記の場合は、高血圧ではないものの一歩手前の状態である「正常値」と判断されます。

つまり、上記以上の値になると「高血圧」ということになります。

血圧が何故高くなる

高血圧になる主な原因としては、遺伝的なもの、生活習慣によるもの、病気などが挙げられますが、国内に4000万に居ると言われている高血圧者のうち、9割以上が生活習慣によるものだとされています。

この生活習慣の乱れとは主に以下のような内容。

塩分摂取過多などの食生活の乱れ

ストレス

喫煙

適量を超えたアルコール摂取

運動不足

睡眠不足

などですが、近年では社会的ストレスに注目が集まっていますね。

これらは、いづれも血管壁の老化に繋がるものが多く、血管が柔軟性を失うことで血圧上昇が起こります。

心臓は常に運動して、身体全体に血液を送り続けています。

血管が老化して硬くなると、心臓は遠い毛細血管まで血液を送ろうして、より強い力で血液を送り出そうとします。

この状態が高血圧なのですが、つまり血管が老化して硬くなることが高血圧に繋がるのです。

日常的に血圧を測ろう

ある日、血圧を測ったら上が150もあり、高かった!とします。

この高かったとする判断は、前述の基準をもとに判断するのでしょうが、1年前に測った値がやはり150で、同じように高い値であれば、受け止め方も異なるでしょう。

確かに遺伝的に、常に高い値を維持している人がいるのも事実です。

生まれつき血圧の高い方が病気なのかというと、そうではありません。

しかしこのような人が、更に高くなれば、それは血圧が高くなったと判断して、医師の診察受けるべきでしょう。

つまり、日常的に血圧測定をして記録しておくことが大切です。

長期(1年)、中期(3ヶ月)、短期(3日)などをみて、血圧状態の変化を判断することが大切です。

医師に診察を受けるにしても、この記録が有ると無いとでは、診断結果が大きく左右されることもあります。

例えば、日常的に110程度の方が、あるひ突然150もあり、診察をした医師は「少し高めなので様子を見ましょう!」などの判断をするかもしれません。

しかし記録があれば、40mmHgも変化しているので、血圧上昇の原因を探そうとするでしょう。

このように、記録は医師にとっても大変に役立つものとなります。

最近では、簡単に測定記録できるものが多数ありますので、毎日決まった時間に測定するように心掛けましょう。

 


【 参考 】

食後の急激な血糖値上昇も血管へのストレスのとなり、血管老化を進行させていまいます。

これはTVでも話題となっている「血糖値スパイク」と呼ばれもんで、以上なほど急激に血糖値が上昇する状態になるのですが、このために膵臓からインスリンの以上分泌がおこり、大量のインスリンが血管にダメージを与えることが問題視されているもの。

加工食品の多い現在の食生活では、新たなる病気や症状に繋がっているようです。

また、生活様式の変化から、1日の運動量の変化なども原因と考えられます。

病気にならないように健康化管理をする上で、サプリメントなども利用することも、一つの方法となるのではないでしょうか。

今回の内容に関連するおすすめの商品を掲載します。

是非、参考にして頂ければ幸いです。


 

【機能性表示食品】ディアナチュラゴールド サーデンペプチド 30日分(60粒)【Dear-Natura(ディアナチュラ)】

 

 

ディアナチュラゴールド サラシア 90粒【楽天24】【あす楽対応】[アサヒフードアンドヘルスケア 機能性表示食品全部]

 

このページの先頭へ