高血圧に悩む50代男性が選んだサーデンペプチドがスゴイ!

現在、高血圧人口は約4,300万人と推定され、今後は更に増加すると予想されている深刻な病気です。

まずは、「高血圧=病気」という理解が必要です。

何故ならば、高血圧を放置していると徐々に全身の血管の動脈硬化が進み、以下の合併症のリスクが高まります。

 

高血圧放置のリスク

  • 脳卒中や脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 腎不全

特に50代以降では、発症のリスクは急激に高まり、常に死に直面している状況となってしまいます。

高血圧はサイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれており、気付かない間に心臓や血管に悪い影響を与え続け、命を落とす可能性が高まる恐ろしい症状なのです。

ですから、放置することなく早めに対処するようにしてください。

対処方法の一つに、血圧が高めの方に有効とされる「サーデンペプチド」の摂取があります。

ですが、50代以降の方ではどれでも良いといわけではなく、より効果的な物を選ぶ必要があります。

それは、そもそも高齢となっている以上、血管や心臓と腎臓機能などに老化が進行しているからで、若い時のように健康な状態に戻りにくい身体になっているからです。

つまり、降圧剤を服用しているだけでは、根本的な解決にはならないということ。

ここでは、高血圧に関する内容を理解してもらい、「サーデンペプチド」の効果や摂取の必要性を紹介しています。

■ 高血圧とは!

高血圧の症状には、大きく「本態性高血圧」と「二次性高血圧」の2種類に大別されます。

そして、高血圧のうちの約9割が「本態性高血圧」であることは良く知られていることですが、こうした内容を知らない方は、この機会にきちんと高血圧についての知識を深めておきましょう。

さて高血圧とは、下の表で分類されている、赤色の心臓収縮期血圧が140以上の場合を高血圧と判断しています。

< 高血圧の定義と分類 >

分   類
収縮期血圧(高)
 拡張期血圧(低)
  理想的血圧
120未満
80未満
  正   常
130未満
85未満
  正常高値
130~139
85~89
  グレード1高血圧
140~159
90~99
  サブグループ:境界域
140~149
90~94
  グレード2高血圧
160~179
100~109
  グレード3高血圧
 180以上
 110以上
  収縮期高血圧
  140以上
90未満
 サブグループ:境界域高血圧
140~149
90未満

上の表で、グレード2高血圧とグレード3高血圧の場合は特に注意が必要で、早急に医師の診断を受けるようにしましょう。

10人中9人は「本態性高血圧」に分類されるのですが、その原因についての全ては解明されていません。

それだけに、改善が難しいという状況でもあります。

しかし、高血圧が長期になればなるほど命に関わるリスクは高まりますので、グレード2及び3の場合は医師の判断により、降圧剤が処方されます。

降圧剤の服用により血圧を下げることが出来ますが、これは高血圧になる原因が解消されたということではありません。

つまり、完治したというものではありませんので、その後の医師の判断の手助けになるよう、日常の血圧の変化を記録するようにしましょう。

また「二次性高血圧」ですが、何らかの特定される原因があって高血圧の状態になっている症状です。

この症状で特に多いのが腎臓障害を起こしている場合で、以下の障害内容となります。

  • 糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)
  • 慢性糸球体腎炎(まんせいしきゅうたいじんえん)
  • 腎硬化症(じんこうかしょう)
  • 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

などの疾患によるもので、国立循環器病研究センター調べでは、慢性腎臓病患者として約1,300万人が罹患していると推定されています。

尚、これらの病状の場合で、何故、高血圧に至るかの正確な機序(仕組み)については未だ解明されていませんが、これらの病気の完治により、血圧が正常値に戻ることは明らかです。

▼ 動脈硬化が血圧上昇を加速させている!

ともあれ、「本態性高血圧」と「二次性高血圧」のどちらであれ、動脈硬化による高血圧は明らかです。

また、50歳以上の高齢で180以上の高血圧の症状となっている場合は、動脈硬化による複合的な症状であることが多く、
血管を柔らかくするような対処が早急に必要となります。

特に医師の診断結果や生活指導にはきちんと従い、自らが危機意識を持って対処する必要があります。

例えば、

  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • ストレス
  • 喫煙

などが指導されますが、日頃から意識して動脈硬化の改善に務めるようにしなければなりません。

冒頭に触れたように、日常生活に支障がない場合でも高血圧は病気です。

心筋梗塞や脳梗塞などの症状が現れてからでは、かなり危機的な状態と言えますので、どれだけ危機意識を持って日常的に対処するかで結果は大きく異なります。

サイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれる高血圧の症状に、動脈硬化が大きく関わる以上、特に50歳以上では、意識的に改善する努力を怠らないようにしましょう。

■ 動脈硬化の改善に良いサーデンペプチドの効果とは!

サーデンペプチド(サーディンペプチドとも呼ばれる)は、イワシのたんぱく質を酵素分解することで生まれるペプチドです。

ちなみにペプチドとは、プロリンやオキシプロリンといった2個の炭素原子と単結合で結合したイミノ基や-NH2 で表わされる1価の基(アンモニアから水素原子1個を除いたもの)であるアミノ基などが、2個以上結合して出来る物質のこと。

つまり、通常、摂取したたんぱく質はペプシン・トリプシン・キモトリプシン・アミノペプチダーゼといった体内分解酵素により一旦アミノ酸に分解されますが、更に分解がされているペプチドは吸収が早く、即効性が高いという特徴を持ちます。

▼ サーデンペプチドの効果

このサーデンペプチドは、イワシのたんぱく質を酵素分解や加水分解して作り出され、アミノ酸の1種である、バリンとチロシンの結合で構成されている「バリルチロシン」を多く含むます。

血圧上昇が起きる要因の一つに、血管の収縮があります。

これは、生理活性物質として体内で生産されているアンジオテンシンⅠ(主に肝臓や脂肪細胞から分泌される)が、アンジオテンシン変換酵素(ACE)キマーゼ、カテプシンGなどの働きによりアンジオテンシンⅡに変換されると血管の収縮が起こることが解明されています。

また、肥満の方に血圧が高い方が多い傾向にあるのは、脂肪細胞が多いことからアンジオテンシンⅠの分泌量が多いためと考えられています。

更に詳しく説明しますと、血流監視の役割を果たす腎動脈に繋がる糸球体から分泌されるホルモン「レニン」の存在があり、このレニンの司令を受けてアンジオテンシンⅠ分泌されます。

つまり、血流が不足するとレニンが分泌されてアンジオテンシンⅠを分泌し、ACEの働きによりアンジオテンシンⅡを作りだすことで
血管を収縮させて血圧を上昇させているという、複雑な身体の仕組みになっているのです。

さて、「バリルチロシン」は、ACEの働きを阻害し、結果としてアンジオテンシンⅡが生産されないために血管収縮が起こらないので、血圧上昇が起きないというものです。

バリルチロシン=血圧上昇抑制 するというもの。

▼ サーデンペプチドの安全性

また、吸収性の良いペプチドである「バリルチロシン」を多く含む「サーデンペプチド」は、血圧上昇を抑制する作用があるとして、消費者庁より許可されている機能性成分となっています。

ですから、安全性に対する評価も行われており、安心して摂取することができます。

しかし、そもそも腎臓からレニン分泌がなければ血圧上昇は起こりません。

では何故、レニン分泌がされるのかとい点について考えてみる必要があります。

腎臓の糸球体へは、血液内の成分が全て集まり監視されています。

無論、腎機能の障害によるレニン分泌異常も考えられますが、身体の何処かに異常がることも想定しなければなりません。

つまり、治癒機能の一端としてレニンを分泌(血圧上昇)をしているのであれば、「バリルチロシン」摂取による血圧低下は、治癒力を低下させることでもあります。

▼ 医師の診察が必要

短期間での急激な血圧上昇がある場合には、早急に医師の診察を受けて精密検査をすることをおすすめします。

現在の医学では、大量の臨床データや診察データがあり、多くの世界的な医学論文も専門分野へ公開されています。命に関わる病気の場合は、早期発見が原則ですから、早急に医師の診察を受けるようにしましょう。

ですが、急激な血圧上昇であるかどうかは、習慣的に血圧測定をしていないと自己判断できません。

現在では、さまざまな家庭用の血圧測定器が販売され、測定精度も向上しています。

いつでも血圧測定ができるように常備しておきましょう。

習慣的に血圧測定していると、急激な変化なのか(一ヶ月以内)緩やかな変化なのか(三ヶ月から半年又は一年以内)が分かります。

緩やかな変化の場合は老化や食生活と運動不足などによる動脈硬化による血圧上昇と考えて良いでしょう。

ですが、この場合も冒頭説明したように危険な状態です。

ですから、単に血圧を下げることに注視するのではなく、血管の柔軟性(若返り)についての対処も考慮する必要があります。

■ EPAとDHAの効果も見逃せない!

緩やかに血圧が変化する場合は、「バリルチロシン」は有効だとされています。

これは、絶えず高い血圧になっていると血管の老化、つまり動脈硬化が進行して狭窄や断裂が起こるリスクが高くなるからで、「バリルチロシン」が過度な血圧上昇を抑えることで、動脈硬化の進行を抑制できるからです。

更に、同時に血管の柔軟性を取り戻す成分の摂取をすることで、より動脈硬化を改善することができます。

EPAやDHAは、オメガ3Sと呼ばれる必須脂肪酸で、動脈硬化の原因である血小板の凝集を抑制する効果があり、更には血管細胞膜の再生にも役立つ作用をします。

細胞膜は流動的で、EPAやDHAは不飽和度が極めて高く細胞膜の流動性の保持に寄与しています。

つまり動脈硬化を予防し、更には血管細胞膜を再生することから血管の柔軟性が増して血圧上昇をの大きな原因である血管収縮を和らげる働きをしてくれます。

これらの成分は体内で生産することが難しく、もともと人は青魚などから補給をしていましたが、食生活の多様化により、現代人は青魚を食べることが減っています。

このことが、高血圧などの生活習慣病を増加させている一因ともされており、EPAやDHAの積極的な摂取が必要なことは明らかです。

さて、EPAとDHAはいずれも同じ必須脂肪酸なのですが、どう違うのでしょう!

DHAは脳内に多く存在する成分です。

脳は生命維持に関わる重要な組織です。このため、いろいろな物質や成分が脳に入り込まないように、脳関門と呼ぶ言わば関所のような機関があり、脳に有害なものは通過出来ない仕組みになっています。

脳の血管も同じように動脈硬化を起こしますが、DHAはこの老化を予防したり血管を再生していますが、この働きがなくなると血管がつまり、脳梗塞を引き起こします。

そもそも、EPAは脳関門を通過できないため、摂取したEPAはDHAに作り変えられてDHAとなり、脳関門を通り脳内に入りますが、初めからDHAを摂取した方が効果的と言えます。

つまり、EPAは体の血管に働き、DHAは脳内血管に良い効果を発揮すると理解すれば良いでしょう。

また、GLP1と呼ぶホルモン分泌を促し、脂肪細胞の減少に役立ちます。

EPAは小腸からのGLP1分泌を促し、DHAは脳内からのGLP1分泌を促しており、脂肪細胞の減少もまたアンジオテンシンⅠの分泌量の減少となり、血圧上昇の抑制効果に寄与する結果に繋がります。

■ まとめ

高血圧予防や改善には、食生活や運動不足とストレスや喫煙などに注意し、「バリルチロシン」を多く含むサーデンペプチドを積極的に摂取しましょう。

また、日常的に血圧測定を行い、血圧の変化を自身で把握することも必要です。

尚、急激な血圧上昇の変化がある場合は、速やかに医師の診断を受けるようにしましょう。

EPAやDHAなども積極的にサプリメントなどから摂取すると、より改善効果が高まります。

最後に、高血圧は重大な疾患を招く前兆であることから、病気であると理解すべきものです。ですから、早めの対処をするようにしましょう。

 

オムロン 公式 デジタル自動血圧計 HEM-6111 手首計測式(HEM-6021 新モデル) 送料無料 【機能性表示食品】ディアナチュラゴールド サーデンペプチド 30日分(60粒)【Dear-Natura(ディアナチュラ)】 「DHA・EPA」を700mgも贅沢に配合!

 

このページの先頭へ