生活習慣病の高血圧予防にはサーデンペプチドが有効

高血圧とは、血液が流れる時の血管壁の内側にかかる圧力がのことで、この圧力が常に高い状態である病気で、その殆どが生活習慣病です。

血管内の血液は心臓の収縮動作により体全体を循環していますが、健康な人の血圧は以下のようになっています。

  • 収縮期血圧(心臓が縮んで血液を送り出したときの血圧=最大血圧)が140mmHg未満です。
  • 拡張期血圧(心臓が拡張したときの血圧=最小血圧)が90mmHg未満です。

このいずれかを上回っている状態が、高血圧です。

▼ 生活習慣病で高血圧が続くとどうなる!

血圧が高い場合でも、通常は特徴のある症状は現れません。
しかし常に高血圧が続くと体内では、血管内へ悪影響がじわりじわりと広がっていきます。

血管の壁に強い圧力が常にかかっているわけですから、血管が傷めつけられ老化現象が早く進んでしまうのです。血管老化説明図

血管は全身に張り巡らされていて、血管のない部分はありません。ですから高血圧の影響は全身に及びます。

この血管老化の進行は、血管がたくさんある所ほどその影響を受けやすく、具体的には、脳や腎臓、目の網膜などです。

そして、常に頑張り続けている心臓自身も、高血圧の合併症が現れやすい臓器です。

比較的、若いうちから高血圧の場合は、心臓が肥大化する傾向にあり、この為、心臓を避けるように背骨が曲がる彎曲症などを起こす場合もあります。

また、脳梗塞、腎不全、眼底出血、心不全などを引き起こす、油断できない病気と言えます。

ですから高血圧であれば、出来るだけ早期に血圧を下げるようにしましょう。そして、血圧が高くならないように、いつも気をつけておく必要があります。

▼ 高血圧の原因で血管が固くなる状態とは!

高血圧の原因の一つに、血管が硬くなる動脈硬化の状態があります。

動脈硬化は、血圧を上昇させてしまいます。

この、動脈硬化が起きる原因は以下のようなものとされています。

  • 血管自体はそれほど老化していなくても、ストレスや喫煙で血管がキュッと縮んで血管が硬くなっている状態。
  • 加齢や生活習慣などによって動脈硬化が進み、血管そのものが老化して硬くなっている状態です。

このうち、老化した血管は元の状態に戻せないと考えられていましたが、近年の研究で、ある程度のしなやかさを取り戻せることが分かってきました。(サーデンペプチドの関与)

▼ 老化血管を元に戻すには生活習慣の改善が必要

血管のしなやかさを取り戻すためのカギを握るのが、血管の一番内側にある内皮細胞の働きです。血管断面図

加齢とともに血管の内皮機能も低下しますが、主に食生活などの生活習慣を改善することで、老化した血管を回復することが明らかにされました。

生活習慣病による動脈硬化にならないように、食生活を見直し適度な運動を心掛けるなど、改善の為の努力を怠らないようにしなければなりません。

  • 睡眠不足
  • 不規則な生活
  • 運動不足
  • 偏った食事内容

血圧が高めの人は、このような生活スタイルを即刻、改めるようにしなければなりません。

▼ 実年齢より血管年齢が健康と若々しさを決める!

血管は血液を全身へ張り巡らせて、それぞれの細胞の成長や代謝に必要な栄養素や酸素を供給する、生命維持に必要な重要な役割をしています。
また、不要となった老廃物を排出する役割も果たしています。

成人体内の血管長さを全てを加算すると、約10万kmにもなるとされています。

この血管の機能が衰えると、体全体の細胞へ代謝に必要な栄養や酸素をうまく供給できなくなります。南雲博士
つまり、体全体の正常な代謝が出来なくなり、老化の進行が早くなってしましいます。例えば、顔であれば「老け顔」などが典型的な例ですね。

心臓は、このような状態を避けるために、出来るだけ多く血液を送ろうとして血圧を上昇させます。(高血圧)

当然、血管年齢は個人差があり、同じ年齢でも血管年齢は違ってきます。

同じ60才でも、エッ!!と思えるほど若く見える人や、逆に、もう90才過ぎと思い込み、”いつまでもお元気でいいですね!!” などと言ってしまい、後で歳を聞いて気マズイ思いをした経験はあるものです。

というように、全身の衰えと血管の老化には深い関係があります。

元気で若々しい毎日を過ごしていくためには、血管のしなやかさをいかに保つかが重要で、生活習慣への意識を持ち、食生活を含めた改善がとても大切なのです。

▼ 血管年齢を若く保つには!

高血圧は、血管の老化を早めてしまい、動脈硬化が現れやすい見た目年齢などについて説明したきました。

厚生労働省の平成23年の調査で、日本人の約5人に1人が高血圧予備軍という結果が出ております。

現在の食生活は、ファストフードや外食産業など海外からの食文化の流入により、粗食中心であった日本の食文化は大きく変化してきました。
その食生活の変化により、近年では更に高血圧の人は増加傾向にあります。

ですから、日常における生活習慣や食生活の改善などへの意識を益々ま高める必要があります。

日頃から意識して注意していれば、血管の老化を防ぐことが出来、高血圧からのさまざまな病気の予防にも繋がります。

特に食事の内容には、十分に注意配慮するようにしましょう。


前述の動脈硬化の改善方法ですが、血管のしなやかさを保つために良いとされるものがありますので紹介します。

それは、天然いわしから抽出したたんぱく質を分解し、分離・濃縮して生成したペプチド「サーデンペプチド」です。
高めの血圧を下げる効果があることが、臨床実験により実証されています。

この、サーデンペプチド国際高血圧学会と日本高血圧学会でも研究成果が発表されて反響を呼びました。

サーデンペプチドは、新鮮ないわし(サーデン)から抽出したタンパク質を高純度のペプチドに精製したもので、生理活性がとても高く、生体内でも安定的なアミノ酸配列(2-10個程度のオリゴペプチド)ですので、腸管吸収にも優れています。

主成分「バリルチロシン」が血圧調整に有用な機能があるとして、厚生省から特定保健用食品として認可されています。

また、消費者庁より機能性表示食品として許可されているものです。

生活習慣もなかなか改善できずに状態を進行させるよりは、体に良いものを摂取することも必要なことと思います。

健康と若々しさを取り戻す為に、簡単な血圧ケアが出来る【ディアナチュラゴールド サーデンペプチド】をおすすめします。

【機能性表示食品】ディアナチュラゴールド サーデンペプチド 30日分(60粒)【Dear-Natura(ディアナチュラ)】

 


このページの先頭へ