氷を食べる病気が子供に多いのは何故!?

近年、やたらと氷をガリガリと食べる子供が増えています。
氷は食べたからといって特に問題があるわけでもなく、あまり気にせずにいる大人が殆どです。
しかし1日に何度も見かけたら、「アレッ!」と思わなくてはなりません。

あかんべー

出典:http://ganref.jp/m/hacchotombo/

実はこの異常行動とも呼ぶべき氷の食べ過ぎは単なる癖ではなく、きちんとした体の異常サインなのです。
この異常行動は氷食症(ヒョウショクショウ)と呼ばれる病名がついていますが、これは大人の女性に多く、特に妊娠中の女性に多く見られます。
「あっかべー」で下瞼の内側が白っぽいならば鉄欠乏貧血による氷食症の症状です。

■ 鉄分不足による氷食症の原因とは

子供が氷食症になる理由は2つあります。

それは「ストレス」「鉄分不足」の2つですが、特に鉄分不足が原因となるケースが増加傾向にあり、毎日の食生活が大きく影響をしています。

こんな例があります。
ハーバード大学の研究グループが、出産前の母親の食事でタンパク質を極度に制限したグループと積極的にタンパク質を食べたグループとで、生まれてきた子供の追跡調査したところ、極度に制限した状態で生まれた子供は異常にタンパク質を食べる傾向にあることが報告されています。

つまり、妊娠時の母体の栄養バランスをそのまま受け継ぐというものです。

この研究報告が正しければ、ここ20年で女性の鉄欠乏貧血人が2倍となり、献血が出来ないレベルの人まで含めると女性の半分が貧血状態にあることと=氷食症の子供が多くなっていることと関連があるのかも知れません。

■ 鉄分の多いものをたべさせよう!

 

鉄分多い食材子供の成長に欠かせない栄養素の中に、鉄分やマグネシウムがありますが、これらを多く含む食材は、レバー・あさり・納豆・ひじき・昆布・ほうれん草・胡麻、などですが最近の子供達が好物とするようなものではありません。
高カロリーで噛む必要のないものばかりを好む傾向にあり、食事から鉄分の補給が足りていないことが充分に推測できます。
一時期にカルシム不足でテレビの番組やCMで放送され話題となりましたが、これ以降も子供の鉄分不足が話題となったことは無いように思います。

大人の体内には常に4g(4000mg)の鉄分が必要とされ、1日に2mgが消費されます。
一方、1日にの鉄の摂取量は成人男性では13mg、女性では10mgとされ、女性の場合は生理による出血があるため、排卵から生理までの間にこれ以上の摂取が必要です。
また、妊娠中には赤ちゃんに鉄分を分け与えるため、単純に2倍の摂取量が必要とされます。
妊娠中に鉄分不足から、やたら氷を食べたくなるのはこの為とされています。

鉄は骨髄で赤血球や白血球を作るために必要な成分です。
また、代謝や細胞を増やす場合にも大きな役割を果たしていますが、鉄不足から血中のヘモグロビンの数が不足すると、さまざまな症状がおこります。

子供の場合も成長と合わせて、体の細胞量も増え血液の量も増えます。
データは見当たりませんでしたが、大人と同じくらいの鉄分摂取が必要と思われます。

■ 子供の成長(体格)はどうなっているでしょう?

 

子供の平均身長推移

グラフから解るように、男子は15歳、女子は12歳頃で成長がほぼ完了しています。
これ以降はより男性らしく、あるいは女性らしくへと外観的な変化へと成長内容が変わっていきます。
それぞれ12歳と15歳までは身体が大きくなるために鉄分を必要とし、女子の場合いにはそれ以降も鉄分が更に必要だということが解ります。

■ 出産前にこんなことありませんでしたか?

  • 出産前に氷が食べたくなった経験はありませんか?
  • 出産前後に皮膚感覚がおかしいと思った経験はありませか?
  • 妊娠前には整理不順ではありませんでしたか?

これらの鉄欠乏の症状はそのまま子供に受け継がれているかもしれません。

■ 今後やるべきこととは!

氷を食べるようなことがあれば、食事の内容を鉄分の多い内容に変えてください。
体内での鉄分の吸収はとても悪く、その殆どが吸収されづに排泄されてしまいますから、鉄分の吸収を助けるビタミンCを含む食材を含めると良いでしょう。

食品100g当たりの鉄分含有量(単位/㎎)
鉄分の多い食品ベスト32 (水分が40%以上) (水分が40%未満のベスト8)
豚肉(レバー) 13.0 ほや 5.7 かも 4.3 のりのつくだ煮 3.6 あおのり(乾) 74.8
鶏肉(レバー) 9.0 あゆ(焼) 5.5 米みそ/赤 4.3 コンビーフ缶 3.5 ひじき(乾) 55.0
レバーペースト 7.7 しじみ 5.3 油揚げ 4.2 豚肉(はつ) 3.5 きくらげ(乾) 35.2
パセリ 7.5 鶏肉(はつ) 5.1 米みそ/白 4.0 いがい 3.5 あさりの佃煮 18.8
はまぐりの佃煮 7.2 あかがい 5.0 牛肉(レバー) 4.0 米みそ/甘みそ 3.4 煮干し 18.0
牛肉(センマイ) 6.8 うなぎの肝 4.6 あさり 3.8 つまみ菜(生) 3.3 抹茶(粉) 17.0
豆みそ 6.8 いわし(丸干) 4.4 ゆば(生) 3.6 納豆 3.3 干しえび 15.1
たまごの卵黄 6.0 ほっき貝 4.4 がんもどき 3.6 みる貝 3.3 ピュアココア(粉) 14.0

鉄分を多く含む、レバー・あさり・納豆・ひじき・昆布などの他に、ほうれん草・ごまなども比較的多く鉄分を含みます。

毎日の食事メニューに、鉄分の多い食材を意識して選ぶようにしてください。

子供は成長が早く、いろいろな栄養素が不足しがちです。

特に鉄分は吸収されにくい性質ももち、多いといっても少量では鉄分補給できませんので、かなりの量を食べる必要があります。

なので調理が大変なのですが、毎日でも子供に食べるようにすすめてください。現代人の殆どが鉄分不足ですので、大人にも鉄分を補給できます。

好き嫌いがある子供は「あっかべー」で下瞼の内側が白くないか見て、白い場合は病院で見てもらいましょう。血液検査ですぐにわかります。

「氷を食べませんか?」などと問診され、鉄欠乏貧血からの氷食症と診断された場合は、鉄剤を処方してもらえます。

 

食事をすすめる母親

但し、子供の場合は胃腸の粘膜が弱いため、鉄剤の処方薬は下痢や嘔吐をすることもありますから、診察で「鉄剤処方します!」と言われたら下痢や嘔吐の副作用も必ず聞いてください。
胃壁や腸壁の粘膜保護剤が一緒に処方されます。

子供の健康が何よりも大切です。

鉄分不足を軽視してはなりません!!

さまざまな成長障害の根本原因となります。

今迄とは違う視点で日常の行動を見守るようにし、大切に育ててあげてください。

 


近年、朝ごはんを食べない子供が増えています。

夕食ばかりに気を配るのではなく、吸収の良い朝ごはんも忘れてなならない大切なこと。

ですが忙しい朝に、子供の食事に付き合うのもかなり大変なことですから、手軽で子供も飲みやすい「キッズスムージー」などを利用するのも良いのではないでしょうか。

子供の成長に必要な栄養素をたっぷり含み、夕食での偏食も一食分82円で補うことができます。




このページの先頭へ