「まもる たたかう LPS」の効果は見逃せない!

 

まもる たたかう LPS

株式会社協和(KYOWA)から、免疫力を高めると話題のLPS配合サプリ「まもる たたかう LPS」が発売。

LPSは免疫力を向上させ、いろいろな病気の予防やケガ病気の治癒能力を高めてくれます。

■ LPSの概要

免疫システム

健康を維持する上で、常に意識する必要がある自己免疫力のこと。

私達の身体には、体内に入ってくる細菌やウイルスなど、有害なものを攻撃して身体を守る「免疫システム」が備わっています。

しかし、疲労や精神的ストレスなどで、この免疫システムの機能は弱まってしましいます。

また、加齢により代謝が衰えると、やはり免疫力も低下して病気へのリスクも高まります。

私たちが健康的な毎日を過ごすために、欠かすことのできない免疫システムですが、常に正常な状態にしておかなくてはなりませんね。

この大切な免疫システムの機能維持において、LPS(リポポリサッカライド)という物質が、重要なカギを握るとして、いま注目されています。

では、このLPSとはどんな物質なのか、そして身体の免疫システムにどう関係しているのでしょう?

まづは、このLPSについて説明します。

■ 免疫システムの先発隊「マクロファージ」

マクロファージ

さて、注目のLPSを説明する上で、マクロファージの存在を無視することは出来ません。

マクロファージは見張番のような存在。

皮膚・筋肉・骨・内蔵・脳・目・血液など、身体の全ての細胞に存在して、侵入してくる有害物質を攻撃して
除去してくれています。

別名「大食細胞」や「貪食(どんしょく)細胞」とも言われるマクロファージは、その名の通り外から侵入してくる細菌やウイルスを食べ、酵素で分解して無害化した後、老廃物として体外へ排出しています。

つまり、マクロファージは健康な身体を維持する上で、とても重要な役割を担っている細胞なのです。

しかし、そんな重要な働きをするマクロファージにも弱点があります。

それは、精神的なストレスに弱いという性質があります。

仕事や人間関係など、現代人は色々なストレスを常に受けています。ゆっくりと休息をとることもできず、日々、忙しく働き続ける人が殆どではないでしょうか。

自分では気付かないうちに、マクロファージの働きが弱まっているのです。

そんな現代人が多いからこそ、マクロファージを助けるLPSの働きが注目され、期待が寄せられているのです。

■ LPSの正体と働き

LPSは夢の物質リポポリサッカライド(lipopolySaccharide)の略称。

▼ LPSとは

LPS(リポポリサッカライド)は“元気ビタミン”とも呼ばれ、土や野菜の中にいる、パントエア菌と呼ばれる微生物由来の糖脂質(リポ多糖)の成分。

実は人の腸内にも存在する細胞壁を持たない(細胞膜のみ)細菌を抗生する成分(分子)なのです。

つまり、腸内細菌と共存関係により免疫システムが成り立っていると考えて良いのです。

▼ LPSの働き

別名、免疫ビタミンとも呼ばれるLPSは、体内に取り込むと細胞壁(Toll様受容体)を介して多彩な生理活性作用を起こします。

この主な生理活性作用は、樹状細胞やマクロファージを活性化し、更に未熟なT細胞(ナイーブT細胞)を1型ヘルパーT細胞(Th1細胞)へと誘導(成長させる)する作用があります。

この結果、防御システムの主役であるマクロファージの働きを強化してくれ、マクロファージや癌細胞を攻撃するキラー細胞の生産を増強する1型ヘルパーT細胞(Th1細胞)も活性化し、マクロファージと強力して抗体生産を増強してくれる人の身体にはとても有り難い物質なのです。

 

▼ LPSを取り込む必要性

腸内環境が悪化すると、肌荒れになったり風邪を引きやすくなったりすることは知られていますが、少なからず、腸内細菌のバランスが身体の免疫システムに影響していることは、このことからも分かります。

ストレスを受けるとコルチゾールと呼ぶ免疫に関わるホルモンが分泌され、コルチゾールは白血球の働きを抑え込んでしましいます。

ですからストレスで胃が痛いとか消化不良を起こすなどの経験も持つ方は、現代社会では少なくはないでしょう。

胃や腸内環境のバランスを整える上で、これほど人の身体に役立つ成分はありません。どちらかと言えばホルモン的な存在なのです。

ストレスや疲労を感じ続ける生活を続けていると、色々な病気へのリスクも高まります。

通常、食物からLPSそのもが補給され、グラム陰性細菌が増殖して腸内バランスが保たれていますが、体質的なものや加齢や生活環境から、LPSを持つ細菌が減ったとします。

すると免疫システムが衰えるという流れになり、体調も悪くなり病気へのリスクが高まることになります。

もし、慢性的にこのような状態だすると、やはり何らかの対処が必要なのでしょうね。

免疫機能をサポートするLPSは、さまざまな医学的分野で注目されている成分なのです。

■ LPSを多く含む食物

外からの摂取については、LPSを多く含む食物を意識して食べるようにしましょう。

穀物類 白米、玄米、小麦、大豆、金芽米、そば
野菜類 ほうれん草、明日菜、トマト、レンコン、しいたけ
海産物 わかめ、メカブ
空気中 田畑周辺に存在する

とは言え、加工食品の多い今の食生活からは、外からの補給はなかなか容易なことではありません。

幸いなことに、LPSをサプリメント化された物があります。

しかし、どれでも良いという訳ではありません。

ホルモン的な働きをするLPSは、より純度の高い物を選ぶ必要があります。

その為には、出来るだけ最新の技術により抽出されたLPSが望ましいのですが、以下の2点が、これに該当します。

株式会社協和(KYOWA)「まもる たたかう LPS」

株式会社はつが「ハイパーLPS500」

いづれも安全性が確認されているものです。

慢性的な体調不良が有る方は、利用して見ては如何でしょう。

■ LPSの効果効能

もともと自然界からの恵み成分で、身体の免疫機能をサポートする成分ですから、年齢を問わず様々な改善治癒効果が期待できます。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制 ●がん予防 ●アルツハイマー予防 ●アレルギー予防 ●うつ病予防 ●感染症予防 ●高血圧予防 ●糖尿病予防 ●脂質異常症予防 ●老化予防 ●骨粗しょう症予防 ●認知症 ●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも) ●胃潰瘍治癒 ●やけど改善 ●傷の早期回復 ●疼痛・神経痛の緩和 ●手術後の鎮痛効果 ●薬の副作用低減・改善

■ LPSおすすめサプリの内容

○ 株式会社協和(KYOWA)「まもる たたかう LPS」

製品名:『まもる たたかう LPS』
発売日:2017年8月25日(金)
価格:3,600円(税込)
内容量:7.5g(250mg×10粒×3シート)
販売ルート:通信販売(販売開始未定)

○ 株式会社はつが「ハイパーLPS500」

2017年7月TVで放送され、今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】
自然免疫応用技研(株)製 高濃度パントエア菌LPSを大人の1日の必要量500μgを推奨

※「免疫ビタミン」はLPSの技術元である自然免疫応用技研(株)の登録商標です。

ハイパーLPS 500 内容量:38g(2mL×33回分) 3,480円(税込・送料無料)

TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】


このページの先頭へ