マイコプラズマ肺炎の予防対応マスクとは!

近年、急増傾向にあるマイコプラズマ肺炎ですが、現在使用されている薬の効かないマイコプラズマ肺炎も急増しているので注意が必要です。
また本来、12月~1月にかけて感染拡大するのですが、2014年以降は10月からの発症例も増加傾向にあり、2016年10月初旬半ばでは全国医療機関で発症患者が確認され、過去10年で2番目の多さとなっていて、早くも感染拡大の兆候を見せています。

予防に効果的なマスクの紹介する前に、マイコプラズマ肺炎について知る必要があります。
この機会にマイコプラズマ肺炎を知ることで、対応マスクの選択と正しい使用方法について理解しましょう。

原因と感染経路

  • マイコプラズマと呼ばれる細菌による肺への感染
  • 飛沫感染・接触感染の両方

特徴

  • 潜伏期間が2~3週間と長い
  • 幼児から成人まで、幅広い年齢層へ感染する
  • 一度罹っても免疫が弱く、感染すると何度でも発症する
  • 乾いた咳とたんがからみ、発熱が長続きする

症状

初期段階は風邪に似た症状で、倦怠感や発熱と頭痛を伴い、その3日後から咳が続く。

しつこい乾いた咳と発熱が長期間続きする為、体力が消耗して免疫力も低下し、気管支炎や肺炎・気管支喘息・発疹・中耳炎・副鼻腔炎などを発症したり合併症として心臓に異常がみられるが短期間で治る。

肺胞の外側にある、間質と呼ばれる組織が炎症起こす為、呼吸時にゼーゼーというような異常音は聞こえない為、聴診器で聴診しただけでは分からない。

予防と対処

風邪と思い込んで重症化するケースが多く、特に流行化初期段階では医者も診断を誤るケースがあるので、医師からの問診段階で”マイコプラズマ肺炎”ではないでしょうか?などと聞く方が良い。

  • こまめなうがいと手洗い
  • バランスのとれた食事
  • 十分な睡眠
  • マスクの着用(適正なもの)

などですが、特に外出の際は必ず適正なマスクを着用するようにしましょう。

帰宅したら手洗いとうがいは忘れないよう必ず行い、上着はハンガーに掛けて湿度管理されている部屋に吊るすようにしましょう。

適正なマスクとは!

マイコプラズマ菌は細菌としては小さいので、特に使い捨てマスクは良く見て選ぶ必要があります。

選ぶポイントは、網目の大きさと保湿性があるものを選ぶと良い。

細菌の大きさは2~4μ(μ=0.001㎜)と小さい為、どうしてもマスクの網目を通過してしまいます。
普通のマスクでは5~10μと大きいことと、保湿力が弱い為に防げません。

不織布(ふしょくふ)が何枚も重ねて作られているものは保湿効果が高い為、通過しようとする細菌にダメージを与えることができ、枚数が多いことでストレートに細菌の通過を防ぐことができます。

使い捨てマスクは網目が大きいのですが、何枚も重ねて使うだけでも効果的かもしれません、ですが息苦しくなったり耳賭けのゴムで痛くなったりしますよね。

そこで、細菌の通過を99%防ぐことが出来る特殊なマスクがおすすめです。

それは、多機能マスクと呼ばれるもので、細菌の通過率を徹底的に下げるもので、保湿効果も抜群に優れています。

おすすめは「多機能マスクふらは」、マスク部門で1位受賞したとても効果的なマスクです。

マスクの装着とサンプル

 

効果と特徴は次の通り

  • 洗えるので何度でも使用可能です。
  • 0.1μの微粒子を99%カットしてくれます。
  • 多機能とは「微粒子」+「紫外線」+「乾燥防止」+「小顔効果」の4つ
  • デザインと色も豊富で毎日変えると印象もかわり、気分転換も出来ます。
  • 豊富なカラーバリエーションで、おしゃれで経済的。

★ 洗えるマスク 立体マスク UVカットマスク 紫外線対策 マスク UPF50+ 日本製 通気性のあるマスク 紫外線防御 ウイルス PM2.5 花粉 ピンク 黒マスク 柄マスク デザインマスク かわいい 【あす楽】 White Beauty 05P01Oct16

睡眠時には、ウエットマスクが効果的です。
息苦しい場合は鼻を出して口だけ覆うだけでも効果が期待でき、それは口の中や喉を乾かないようにすることが大切で、細菌の繁殖を防いでくれます。
また美容効果も期待できます。

コラーゲン&ヒアルロン酸配合繊維使用繰り返し使え肌にやさしい 保湿マスク2枚入りワンポイント柄

 

病院での診断と処方

マイコプラズマ肺炎の診断は、血液検査とレントゲン検査により判断します。

血液検査は、迅速検査(その場で直ぐに分かる)で血液中にマイコプラズマのigM抗体があるかどうかを調べます。
しかし、この抗体は感染後1~2週間後でないと陽性反応が現れない為に判断がむずかしい。

レントゲン画像

熱が高熱ではなく、風邪の所見が悪くないのに咳が長続きし、レントゲンをとると重症化した肺炎が見つかるケースが多い。

マイコプラズマ肺炎と診断されると、マクロライド系のジスロマック・クラリス・クラリシッドなどと呼ばれる抗生剤が処方されます。

しかし、近年ではこれらの抗生剤が効かないマイコプラズマ菌が確認されているため、このような場合には、ミノマイシンなどのテトラサイクリンやニューキノロンと呼ばれる抗生剤が処方されます。

基本的には時間がかかるものの、水分や栄養補給をしながら安静にしていれば自然治癒できる病気ですが、悪化させて重症な肺炎や合併症を起こさないように注意する必要があります。

発症後もマスクの着用やこまめな手洗いとうがいをするようにしましょう。
また、室温管理や加湿器などによる湿度管理を行い安静に過ごすことが早期の回復につながります。

感染拡大の背景

感染拡大が早まっている背景には、最近の気象条件の変化から、気温の変化が大きく体がついていかないため、免疫力・抵抗力が非常に弱まっていることが背景にある。

具体的には、9月の最高気温と最低気温の差は14度と大幅で、最高が24度で最低気温は10度と急激に冷え込む日がある。

気温や湿度が低いとウイルスやばい菌が活発化するため、より感染しやすい環境となるため、低い温度が数日続くような時はより注意が必要で、予防処置を行うように心掛けましょう。

 


L-92乳酸菌

 

L-92乳酸菌やIgA抗体とは何でしょう!
IgA抗体が異物の侵入を抑え、アレルギー反応を緩和
…..続きを読む

 

 

加湿器
【送料無料】AL COLLE(アルコレ)|コイズミ|ハイブリッド加湿器|ASH-601/K|ブラック|ハイブリッド式加湿器|加湿機|超音波式|ハイブリット加湿器|ハイブリット式加湿器|超音波加湿器|おしゃれ|人気|ハイパワー|除菌|オフィス|インフルエンザ|ASH601

このページの先頭へ