【モリンガ・ルイボスブレンドティー】の効果はどんなものでしょう!

モリンガ・ルイボスブレンドティーが販売は9月2日から販売を開始されます。

文字通り今注目されているスーパーフーど「モリンガ」と、以前から美容と健康に人気の高い「ルイボスティー」のブレンドティーだ。

どちらもさまざまな効果が期待できるものだが、これをブレンドすることで更にどのような効果が生まれたのでしょう。

■ モリンガ・ルイボスブレンドティーの作用効果について!

モリンガ・ルイボスはそれぞれの作用効果をもたらしてくれますが、
お茶にした時にはとても相性が良く、ブレンド茶としてはほんのり甘みがあり、雑味の少ない
上質な味わいとなっています。

それぞれの作用の相乗効果により日常的に飲むことで、美容と健康に大いに役立つものです。

それでは、それぞれの効能について確認してみましょう。

● モリンガのもたらす効果とは!

北インド地方を原産とするワサビノキ科の植物で、
日本でも沖縄・九州などで盛んに栽培がされていますが、モリンガ・ルイボスブレンドティーは、
インド産のモリンガを使用しています。

モリンガはモンリンガ茶として次のような効果をもたらしてくれます。

  • 免疫力の向上(抗菌作用)
  • 炎症を抑える(静炎作用)
  • デトックス効果
  • アンチエイジング
  • リラックス効果
  • アレルギー症状を抑える
  • 便秘解消
  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防

などなど、さまざまな効果をもたらしてくれますが、もともとモリンガはインドを原産とする植物で、古来より健康維持の薬として利用されてきました。
近年日本では、ミネラル、アミノ酸、ビタミンが豊富に含まれることから、スパーフードとしても人気を集めています。

  • ポリフェノールは赤ワインの約8倍
  • ビタミンEは卵の96倍
  • 鉄分はプルーンの82倍
  • アミノ酸は米酢の97倍
  • 食物繊維はレタスの28倍

● ルイボスの効果とは!

ルイボスは、南アフリカの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にのみ自生し、乾燥した昼夜の温度差の高い場所を好むするマメ科の植物です。
その代表的な成分は、ケルセチンと呼ばれるフラボノイドの一種で天然色素を大量に含むため、次のような効果をもたらしてくれます。

  • 体臭改善
  • 育毛
  • 不妊症改善
  • 美肌効果
  • 抗菌作用
  • 静炎作用
  • 動脈硬化予防
  • 活性酸素の排出

ケルセチンは、土の中の苛酷な環境から自分を守る為に必要な成分で、根菜類には多く含まれます。
特に玉ねぎの皮、ごぼうの皮などに多く含まれているため、ごぼう茶などとして利用されている成分です。
抗菌作用と細胞修復作用が強く、活性酸素の排出作用も高くごぼう茶の人気も高いようです。
また、ルイボスは鉄分やマグネシウムも豊富で、カルシウム、ナトリウム、リンなども含まれます。
このようにルイボスティーを継続して飲むことで、徐々に効果を得ることができるでしょう。

■ まとめ

日本茶も含めて、お茶には何かしらの効果が期待できるもの。
例えば、殺菌効果から虫歯予防や口臭予防が日本茶には期待できます。
あれこれと、さまざまなものを試すよりは、一つでより大きな効果が期待できるものが良いですよね。
日常的にお茶を飲むことは、健康にはとても良い習慣だと思います。
また、お客様が来た時などに、このブレンドティーでもてなしてあげれば、
その風味、味、香りを美味しく楽しんでいただけることでしょう。

美容と健康に役立てほしいブレンドティーです。

 

このページの先頭へ