電子タバコおすすめニコチンなしはどれか?経験者語る裏事情とは!

タバコ規制

最近は、電子タバコでニコチンを含まない物が、健康志向の高まりや価格が安いこともあり人気となっています。

理由は他にもあり、副流煙による健康被害懸念が社会的な問題になっている事から、タバコ禁止条例など、愛煙家にとっては益々追い込まれる社会環境が背景にあり、この際、タバコを止めようと、ニコチンを含まない電子タバコ求める人が多いからです。

電子タバコ喫煙 電子タバコ総まとめ一覧 

ニコチン無し電子タバコはどれが良い!一覧でみれる!

一覧

■ ニコチンを含むタバコは止めるべき!

禁煙

ニコチンを含まない電子タバコは、禁煙手段の一つとなっているのです。

具体的に言うと、「ニコチン依存症」から抜け出す為に、喫煙欲求を紛らわす方法としている訳ですね。

「ニコチン依存症」は、常に一定量のニコチンを体内に取り込もうとします。

はっきり言って、「麻薬」です。

麻薬作用のあるニコチンですが、身体に害はあるが健康的なメリットは一つも無いもの。

ニコチンやタールだけではなく、多くの有害物質を含むタバコなのですが、何故、国は延々と販売を許可しているのでしょう。

それは、税収の根源でもあるからです。(かっては国営事業)

国民の健康を守るべきはずの国が、税収を確保するために電子タバコに関わる計画があるようです。

そんな陰謀論的な企みに巻き込まれないうちに、さっさとタバコを止めることが得策というもの。

ここでは、タバコを止めるためにニコチンを含まない電子タバコの利用が有効だということと、今後の電子タバコの課税に関する予想を説明しています。

まずは課税計画について説明する前に、現状がどうなっているのか知っておきましょう。

■ 通常たばこの税金

税金

通常のタバコの税金は以下のようになっています。

国たばこ税 :販売価格の24.1%

地方たばこ税:販売価格の27.8%

たばこ特別税:販売価格の3.7%

消費税   :販売価格の7.4%

合計で63.1%が税金となっているのです。

■ 電子タバコ、税金に関わる裏事情とは

JTはニコチンを含む電子タバコ「プルームテック」販売し、これは人気電子タバコの一つとなっています。

そもそも「プルームテック」は、副流煙などによる世間的な批判が起こり、従来タバコの需要低下を回避する目的で着手したもの。

カートリッジ内にタバコの葉粉末を含み、ミストそのものにニコチンが含まれることと、ミストが煙と同じように空気中を流れることなどから、一般解釈では副流煙被害の根本対策には至らとされ、現在、この意味では何の効果も持たない。

むしろ、目新しさよりブームになったことから電子タバコは安全なのかとの疑問視が高まり、逆に、電子タバコの副流煙もニコチンやタールを含む危険なものだという事を世にアピールした結果となってしまった。

更にこれをきっかけに、厚生労働省は電子タバコによる人体への影響について調査を開始しするなどの動きがあるのも事実だ。

一方、今迄の紙巻きタバコには前述の通り各種の税金が課せられ、税収の一旦を担っていますから、紙巻きタバコの需要低下は税収の低下にも繋がる。

ですから、健康調査とは表向きの動きで、実はニコチン依存度の割合を主に調査しているのでは?という声さえあります。

露骨に言いますと、麻薬効果の度合いについての調査ですかね。

反対デモ

つまり、課税対象品として根拠となるデータを集めているのではなかろうか!?ということなのですが、これを危惧した関係者の意見は以下の通りです。(少々、的外れの感があるが)

<課税に反対している人の考え>

  • 電子タバコに含まれるニコチンには中毒性があるが、従来のタバコに含まれるタールに比べれば、圧倒的に害はすくない。
  • 電子タバコの蒸気に含まれる発がん性物質の量は従来のタバコの煙と比較して、だいぶ少なく、短期的には最小限の害しかあたえることはない。
  • 電子タバコのリキッドに入っている成分は害がないと考えられている。有害な物質が入っている可能性もあるが、量や形態から有毒ではないと考えられている。
  • 受動喫煙のリスクは従来のタバコの煙よりリスクは少ない。

当初JTでは、ニコチンやタールを含むために、課税対象品目とされることを想定して価格体系を決定。

無論、輸入電子タバコに関する関税的な前例があるからなのだろうが、現行の課税額と販売価格との割合を考慮し、以下の価格となっています。

▼ スターターキットの価格

バッテリーや充電器などの商品内容で、国が課税対象品目とするには無理があるだろうとの予測から、将来的にも課税対象となることはなく、利益を十分に見込んだ価格で良い。

販売価格:4,000円

▼ カートリッジの価格

ミスト化されたリキッドが通過することで、粉末化されたタバコの葉成分(ニコチンなど)がミストに含まれる。

税収を確保したい国や地方は、当然、課税対象としたいと考えるはず。

なので、カートリッジ5個とリキッド1本のセットで販売価格は460円。

これは、カートリッジ1個で50回吸えてタバコ4本分の回数となり、5個でタバコ20本分(1箱)の税金を含んだ従来タバコの価格と同じになっている。

尚、リキッドの液体量は、250回程度でなくなる量が封入されている。

将来的に課税対象となった場合、値上げしなくても利益が確保できる計算なのだろう。

▼ JTプルームテックの現状

プルームテック

2016年3月から、プルームテックのスターターキットのみ販売停止となっている。

これは生産が間に合わないとしていますが、本当の理由は不明のまま。

もし健康上の問題ならば、カットリッジの販売も同様に停止されなければならず、現状は継続販売されているのはおかしいことになる。

いづれにしても課税対象の関係で、何らかの圧力的な動きがあったのではないだろうか?と見ている人もいる。

しかし、2017年3月に他社から互換品のバッテリーが販売されていることから、突然、販売再開の発表が行われた。

販売再開は2017年6月から東京販売を開始し、今年(2017年)末までには東京全域へ販売を拡大するとのことで、徐々に都内の販売地域を拡大していくようだ。

全国販売は2018年上期とされているが、それまでに輸入品の電子タバコも含め、抜本的な税制度の法改正が行われるのではとの見方もある。

尚この場合には、ニコチンを含まない電子タバコも段階的に課税対象として法改正がされることは十分に予想できるだろう。

とにかく、税収の一定割合を役人が自由に再配分(予算付)出来るという慣例があり、税収が増えた分だけ力が増すと事になります。

■ おすすめのニコチン無し電子タバコ

税収がどうであれ、自身の健康管理は自己責任の範囲です。

タバコは身体の老化を促進し、生活習慣病と言っても過言ではなく、さまざまな病気のリスクが高まるもの。

出来るだけ速やかに、タバコは止めた方が良いことは間違いないことです。

ですが、禁煙の壁となるのが「ニコチン依存症」の麻薬的な禁断症状です。

以下に禁断症状を緩和できるかが禁煙成功率のカギとなります。

風味が良い(美味しい)

ニコチンを含まない電子タバコに求められる内容は、以下の3点。

1,ミスト量が多いこと

2,風味が有り、満足感を得られること

3,経済的メリットが大きいこと

以上の3点を満足している物は、以下の2点が人気で最も売れている電子タバコです。

○ C-Tec電子タバコDUO スターターキット

○ 電子タバコFLEVO(フレヴォ)

どちらもミスト量が多く風味も多彩で、自分の好みにあったフレバーを選択することができます。

価格も1カートリッジでタバコ20本分の回数が吸え、5個のカートリッジで1500円前後です。

JTプルームテックと比較すると、460円:250円でかなり割安となります。

またスターターキットも、4,000円:980円で、取組み安い価格です。

健康維持の為にも上手に利用して、早々に禁煙に成功されてはどうでしょう。

私も1日1箱以上を吸っていたのですが、上の両方を吸いながら紙巻きタバコの本数を徐々に減らすことが出来、22日目にはゼロ本にすることが出来ました。

以降は、41日目の飲酒後に1本吸ってしまったことを後悔しましたが、約3ヶ月後の現在は、禁煙に成功したことを自覚しております。

貴方も是非チャレンジして見ませんか!

C-Tec電子タバコDUO スターターキットの美味しい口コミ

電子タバコFLEVO(フレヴォ)全てがわかる口コミ!

 

このページの先頭へ