「プリトロール」痛風への効果とは!

プリトロール

風を吹くだけでも痛む!

お金持ちがかかる贅沢病!などと言われる「痛風」。

この病気にかかる人は年々増え続け、今や100万人にもなろうとしています。

更に、発症年齢のピークも50歳代から30歳代に変わってきており、若年化が目立ってきている状況で、痛風の予備軍まで含めると500万人にもなると推定されています。

痛風を発症し、放置すると腎障害を起こし、心筋梗塞、脳卒中などのリスクも高まり、死に直結した恐ろしい病気です。

日頃から食生活には配慮し、運動なども心掛け、このような病気にならないように注意しなければなりません。

■ 痛風の原因

痛風足痛いある日突然、足の親指の付け根などが赤く腫れあがり、激痛の襲われる「痛風」とは、どのような原因で発症するのでしょう。

「痛風」は、いわゆる生活習慣病とされていますが、体内の尿酸値が高くなることで発症します。

近年、肥満や糖尿病などとの関係が明らかにされ、具体的にはインスリンとの関係も解明されています。例えば、糖尿病の人はインスリンの働きが悪いことが多いのですが、このため体内では更にインスリンを分泌量が増加します。インスリンが過剰になると尿酸の排泄を妨がるため、尿酸が尿中に排泄されず尿酸値が上がってしまう、などの状態も明らかになっています。

尿酸は通常は1gほどが体内にあるように調整されて正常な状態を保っていますが、体内で作られすぎたり、インスリンの過剰分泌により体内に尿酸が増えてしまうと、痛風を発症してしまいます。

また、肥満と高尿酸血症は直接結びついていて、BMIが上がるにしたがい高尿酸血症が増えて痛風を発症することも確認されています。

■ 激痛が起こる(発作)原因

窒素化合物の一種である尿酸は体内で溶けにくい性質があり、増えすぎると結晶化して組織に沈着します。

これが、何らかの状態で剥がれ落ちると、白血球が異物と判断して攻撃が始まります。

この白血球の防御反応で起きる状態が痛風関節炎の症状で、いわゆる痛風発作の状態です。

■ 痛風の予防と症状の改善

痛風にかかる人の数は世界的にも増加しています。

アメリカでは、過去数十年間の甘味飲料の消費量の増加に伴い、患者数も倍増したとの報告もあります。

甘味飲料だけでなく、運動不足や日頃の食事内容とも大きく関わりがあり、メタボが急増している日本でも例外ではありません。

メタボの改善なくして尿酸値の改善はなく、尿酸値の改善なくしてメタボの改善はありません。

皮下脂肪型肥満でも内臓脂肪型肥満でも高尿酸血症になる確率は70%と、いたって高くなっています。

繰り返しますが、毎日、適度の運動を欠かさずに行い、BMIを上げるような食事内容は避け、バランスの良い食事をするようにしなければなりません。

しかし、毎日このようなことを実践するのはかなり大変なことです。

実行出来ない人は、せめてサプリメントなどを利用することも予防や改善に繋がる良い方法となります。

サプリメントは、携帯したり手軽に利用できるので、特に意志の弱い方にはおすすめです。

現在販売されているサプリメントでは、TV-CMされていた小林製薬「プリトロール」がおすすめです。

お腹周りが気になる方や、健康診断などでメタボと診断されている方は、痛風を発症しないように手軽なサプリメントを利用しておくと、心筋梗塞や脳卒中などの生活習慣病へのリスクを下げることができます。


PR

 

小林製薬の栄養補助食品 プリトロール 27粒【楽天24】[小林製薬の栄養補助食品 高分子キトサン]

 


尿酸値を高くする食物として、最も代表的なものがプリン体です。居酒屋飲み会

プリン体は肝臓で分解され、「尿酸」と呼ばれる老廃物を作りだします。

プリン体は、特に鶏レバーやマイワシ干物、イサキ白子などの居酒屋の定番メニューをはじめ、アルコール飲料の中では特にビールに多く含まれています。

「プリトロール」は、このプリン体を吸着して吸収されないようにしてくれます。

その他にも脂質や糖質の吸収を抑制し、体脂肪を減らす(メタボの改善)には、大いに役立つ成分のみで処方されています。

飲み続けることで体内尿酸値が下がり、痛風発作などの症状も改善し、また体脂肪を下げることで再発にも繋がります。

使用方法をよく読み、正しく利用しましょう。

成 分 [1日目安量(9粒)あたり]

        成分     含有量/1日分
 キトサン(かにを含む)  1830.0mg
 結晶セルロース  652.0mg
 ヒドロキシプロピルセルロース  101.8mg
 ステアリン酸カルシウム  13.1mg
 微粒酸化ケイ素  13.1mg

▼ 成分説明(含有量順)

1,キトサン

重金属(Mn)や各種酸性物質(尿酸など)の吸着能を持つ。
「コレステロールが高めの方に適した食品」として特定保健用食品(トクホ)で認められたもの。

2,結晶セルロース

結晶セルロースが体内に入ると、コレステロールを吸着して排出する作用がありデトックス効果が期待できる。また、糖質の一種でありながら消化吸収されない。
ダイエットサプリメントの素材としても使用されている成分。

3,ヒドロキシプロピルセルロース

用途は錠剤・顆粒剤の製造時の結合剤およびコーティング剤。

4,ステアリン酸カルシウム

脂質と結合して腸の吸収器官に膜を張り、脂肪酸の吸収を抑制する。

5,微粒酸化ケイ素

錠剤などに使用される添加剤で、湿気を吸収して固まらないようにしている。

このページの先頭へ