加齢による読み違いの正体とは!

加齢により、読み間違いや見間違いの頻度が増えてきます。

あっ、間違えた!と直ぐに気付くうちは良いのですが、時として、この間違いが思いもしないとんでもない事態を招くこともあります。

通常の読み間違いは誰しも経験していること。

■ 読み違いには種類がある

例えば、下記のように単純に読み方を間違えている。

文字列 誤り 正しい
団塊の世代 だんこんのせだい だんかいのせだい
訃報 とほう ふほう
西瓜 にしづめ すいか
平将門 へいしょうもん たいらのまさかど
席巻 せきまき せっけん
唐突 からとつ とうとつ

 

これらは全て、読み方を知らない為に起きていることで、単なる知識教養不足が原因なので、ある意味で正常とも言える。

まあ恥ずかしいだけですね。

次に、ちょっと問題だと思われる読み間違いですが、このケースが頻繁にあるのでお悩みなのではないかと思います。

文字列 誤り 正しい
無理強い むりがつよい むりじい
終身制 しゅうしんけい しゅうしんせい
全曜日 きんようび ぜんようび
出生率 せいぞんりつ しゅっしょうりつ

 

このケースはちょっと厄介な症状で、老化と視力低下による症状です。

<無理強い>

これは「むりじい」という読み方を知らない為に、「が」を間に入れて「むりがつよい」と読んだもの。

一瞬で意図的に「が」をいれたのなら賢いのですが、「無理が強い」と見えたとすると、少々危険です。

<終身制>

終身制の「制」の文字を、終身刑の「刑」と読み違えたもの。

潜在的に終身刑という文字列が記憶に強くあり、それが瞬時に引き出された読み違いです。

<全曜日>

前段で「金曜日」に関わる記述があり、自動的に今回も「金曜日」の文字列と見えてしまったもの。(洗脳現象(思い込み))

<出生率>

この文字を「せいぞんりつ」と読むのはかなり重症ですね!

まあ「生」の文字が強調された結果なのでしょうが、かなり病的状態です。

■ 何故、読み間違いが起きるか!

人は外からの情報の80%以上を視覚情報から得ています。

物や文字を見る時に、記憶情報を参照しながらその存在や意味を瞬時に理解しています。

しかし、見る力が弱くなると、視覚情報が正確に脳へ伝えられなくなるので、直近の記憶情報を引き出されてしまうことが度々起こってしまいます。

分類すると次のように大別することができます。

1,知識不足

文字や読み方を知らない為に読み間違う場合。

これは、誰しも経験していることですが、特に問題がある状態ではありません。

但し、記憶喪失や記憶障害によるもので、誰もが知り得る文字を読めないなどは別です。

2,見る力の低下

視力、視神経といった部分に問題があり、良く見えないために情報不足から、脳が勝手に理解してしまう状態。

-1 視力の低下(老眼など)

-2 網膜や黄斑部と視神経の機能低下の場合

上記を合わせて「見る力」と表現されています。

脳へ情報を伝えるための機能低下により、脳への情報不足から大凡の理解をしてしまうわけです。

3,脳の障害

脳に何らかの障害が起こり、記憶を呼び出せない記憶障害などの重症な状態。

このように、さまざまな状態で読み間違いが起きているのですが、近年、平均視力の低下と合わせて見る力も低下しています。

当然、読み違いが多いので、この症状に悩む人も増加しているのです。

■ 読み違いは視力低下の症状である

漢字の読み方を知らない場合は、自分でも自覚できますので特に問題となることはないでしょう。

単に自分の知識不足を反省するのみです。

しかし、視力や視神経の衰えなどで、見えるけど正確に見えていないという状態は危険です。

しっかり注意して見ていれば見える(正しく読める)だけに、何故、読み間違えたのか理由が明確でないからです。

このような症状は、ただ普通に見ているだけだと実は正確に見えていないのです。

かなり多くの情報が漏れてしまっているのです。

瞬時の情報不足から、脳に都合の良い大凡の情報が引き出されていることに気づかなければなりません。

何故ならば、突然に視力が低下するものではなく、月日をかけて徐々に視力低下していくので、視力の変化に気が付かない人が多いのです。

変化していく過程で、脳は補正機能を獲得しますが、更に視力が悪化することで誤差が生じます。

結果、読み間違いの頻度が増えて悩むことに...。

対策は、見る力(視力)を改善すれば、自然と読み間違いの頻度も正常にもどります。

■ 読み違いの対策

目に良い成分として、カロテノイド(色素成分)のルテインやアントシアニンが良いことが、多くの臨床試験や研究などから証明され、機能性関与成分として知る方も於いことでしょう。

当然、機能性表示食品としてこれら成分を含むサプリメントなどが多く販売されています。

しかし、50代となった方には何でも良いというわけでありません。

20代や30代では、あまり選ぶ必要もないのですが、中年層ともなると、やはり年齢を考慮したものを選ぶ必要があります。

身体は老化して、いろいろな機能が衰えてきます。

老眼もこの現れで、目の機能低下によるものです。

例えば、水晶体と呼ぶレンズの働きをする細胞があります。

両側の毛様体筋でこの水晶体の厚みを変えて、近点と遠点の焦点を合わせ見る物にピントを合わせています。

視力の低下は、毛様体筋の衰えで水晶体の厚み調整ができなくなることが原因の一つだとされています。

しかし、眼精疲労などにより若い時でも起きる症状で、老化に限ったことではありません。

実は、水晶体は表面が老化すると新しくその上に膜が形成され老化して古くなった細胞は内側へ入り込んでしまいます。

つまり、水晶体の大きさは変わりませんから、細胞密度が高くなるわけです。

このため、常に柔らかさ保っていなければならない水晶体が硬くなる傾向にあります。

これを防ぐ為に、ビタミンCやクリスタリンと呼ぶ蛋白質など多くの成分が関与しています。

老化により、これら関与成分の分解や吸収が出来ず、水晶体が硬くなり、例えば近点を見る場合には水晶体を厚くするためにより大きな筋力が必要となります。

このように、若い時と50代では視力低下の原因がまるで異なっているのです。

更に、網膜にある光を感じる黄斑部では細胞数も減少し、解像度も低下しますのでより細かい部分が見えなくなるなど、コントラスト感度も低下してくるのです。

こんため、文字などの細かい部分が見えない為に、輪郭で理解して似たような文字と置き換えて読む、読み間違いがおきてしまうのです。

前述の「金曜日」と「全曜日」の読み間違いは、この状態を表している症状なのです。

■ 症状改善にはどれを選べば良いのか!

もうお分かりだと思いますが、年齢に合うものを選ばなければなりません。

目の機能修復に必要な栄養素を補給し続けることが必要なのですが、医薬品以外となると、やはりサプリメントが手軽に栄養素を補給できます。

栄養素を分解吸収しやすくする、サポート成分を含むものを推奨します。

更に目の老化を抑制する機能を持つものが良いでしょう。

例えばステラ漢方株式会社が販売する「なごみアイ」がおすすめです。

このサプリメントは、目の衰えを感じる50代向けに成分が処方されているもので、ゼアキサチンやクロセチンといった、吸収機能が衰えた50代でも有効成分が吸収しやすい状態に処方されています。

主要成分はルテインなのですが、果実からではなくブルーベリーの葉から抽出したフリー体ルテインを配合しているのも、失礼ながら老眼向けの配慮と言えます。

このような50代向けのサプリメントは、今のところ他にはないので、おすすめということです。

読み間違いからのトラブルを防ぐ意味でも、少しでもクリアな視力を取り戻すことに役立つことでしょう。

是非、試してみてはどうでしょう。

 

毎日クリアな世界に【なごみアイ】

このページの先頭へ