ステラ「なごみアイ」効果を驚くほど詳しく解説!

目の機能回復で人気のステラ「なごみアイ」!

 

目の調子が悪い

最近、目の調子が悪くて、どーも我慢出来ない!

何とかならないかと、眼科に行って見るけど原因もわからず。

何回も通院して結局、目薬やらメガネを勧められて(作り変え含む)終わってしまう。

それもそのはず、目の調子が悪いからと診療行為をしても点数(お金)にならないからです。

メガネと目薬

目薬やらメガネは点数を稼げるけど、診療行為は極限られた範囲しか点数にならないのです。

例えば手術全般。

ということで、今のところはサプリメントに頼るのが、最も良い方法のようです。

医薬品ではないので、効果がないんでは?と思っている人も多いが、決して馬鹿にできない効果が期待できる。

消費者庁が公開している機能性関与成分を含むサプリメントが多数あります。

中でも、ステラ「なごみアイ」は、特に中高年には人気のサプリメントです。

■ どんな症状に効くのか

そもそも目の不調は病気でない限り、その殆どが老化現象によるもの。

生まれて目が見えるようになったから、眠っている時以外は”ずーと働き続けている機能”です。

使われ方によっては、30代から老化が進行している。

「なごみアイ」は、機能性関与成分の配合により、以下の症状の緩和に役立ちます。

 

目の構造断面図

① 水晶体の老化

  • 歪んで見える
  • ピントが合わない(特に近くが)

② 黄斑部の老化

  • 視野が狭くなる
  • 部分的に見えない
  • 距離感覚の低下
  • 細かい部分が見えない
  • 遠くがボケル(霞む)

③ 毛様体筋の老化

  • 直ぐにピントが合わない
  • 距離感覚の低下
  • 近くが見えない

それぞれの部位の老化で、これら症状が現れますが、無論、複合的な老化が一般的で、放置すると下記の病気リスクが更に高まります。

診療報酬対象

ちなみに、網膜剥離、白内障、寄り目、眼窩、緑内障、飛蚊症、炎症などは病気であり、診療行為の対象となる。

上記の老化現象は、これら病気の初期症状とも言えるが、つまり、これら病気の予防的医療行為には保険が適応されない仕組みになっているのです。

なので、サプリメントなどで老化予防及び改善することを、多くの医師が進めています

■ 眼精疲労緩和効果

水晶体の厚み調整をしている毛様体筋ですが、疲労して硬直すると水晶体の厚み調整が出来なくなり、近点でのピントが合わなくなります。

アスタキンサンチン(機能性関与成分)は、筋肉疲労を緩和することで知られる成分です。

強力な抗酸化作用で、筋肉細胞の老化を抑え、速やかに(下記に理由)筋肉の硬直を和らげ、より近点へのピント調整を可能にしてくれる。

■ 効き目の速さ

脳や目は、生命維持で最も重要な器官です。

この為、容易に有害物質が侵入できないように「血液脳関門」「血液網膜関門」という、「関所」のようなものがあり、有害な物質は全てはじかれてしまいます。

このため、摂取した成分が目の細胞へ届きにくいのです。

しかし、アスタキサンチンはこの「関所」を通過できる、数少ない成分の一つです。

口径接種後、腸の毛細血管へ吸収されたのち、動脈から「血液網膜関門」通り、速やかに目の細胞まで届きます。

強力な抗酸化作用と筋肉疲労の緩和で、視力の回復を与えてくれる頼もしい機能関与成分です。

老化を防ぐには、定期的に補いたい成分の一つです。

■ 効果の持続性

水晶体、黄斑色素細胞は、ルテインやゼアキサチンといった物質により細胞が構成されていますが、体内で生産することの出来ない物質です。

このため体内では減少し続けます。

本来、食事から(緑黄色野菜)補給されるべき成分で、その必要摂取量は6mg以上は必要とされています。

しかし、この量を実際の吸収レベルで補給しようとすると、かなりの量の緑黄色野菜を食べなければなりません。

また、これらカロテノイド(色素)のルテインは脂肪酸と融合しているため、分解酵素により分解され、フリー体ルテイン(単体)とならないと吸収されません。

ですから、大量な緑黄色野菜を毎日食べても、極めて少ない量しか吸収されず、目の酷使度合いによっては、直ぐに枯渇してしまい、正常な代謝できなくなってしまうのです。

いわゆる栄養不足による、老化現象が進行することになります。

そこで、サプリメントで最初からフリー体ルテインとして補給することで、効率良く代謝に必要な栄養素を補給することが重要で、医師がサプリメントを推奨するのは、このことを承知しているからなのです。

効率良く定期的に補給できれば、傷んだ細胞の修復や再生といった代謝も正常に行えるので、そのまま機能回復へ直結することになります。

毎日、十分な量を補給できれば直ぐに必要栄養素が不足することはありませんから、じんわりと効果が持続することが期待できます。

■ 抗酸化効果(老化予防効果)

主要成分のルテインを始め、アスタキサンチン、ゼアキサチン、アントシアニン、クロセチンなどは、全て抗酸化作用を持ちます。

「なごみアイ」は、まさに抗酸化物質の集合体のようなもの。

身体の老化を進行させる主役、悪玉活性酸素ヒドロキシラジカル(1重酸素)消去は、必須の健康法の一つです。

中でもアスタキサンチンは、このヒドロキシラジカルに強く反応することが知られていることから、選択的にヒドロキシラジカルを無害化してくれるもの。

前述の「血液脳関門」「血液網膜関門」のフィルター機能を通過できる特性があり、頭部を含めた身体全体の老化予防に繋がるのです。

このことから、扱いにくい水素を取り込むよりも効果的ということで、近年では、その美容効果からさまざまな化粧品にも配合されている成分となっています。

男性は、化粧をしない人が殆どですので、積極的に取り込みたい成分ですね。

■ 効果が期待できる年齢範囲

成人であれば、特に年齢的制限のあるものではありません。

目の細胞にダメージを与える有害な活性酸素(ヒドロキシラジカル)に対する抗酸化作用と、老眼に効果的なアスタキサンチンによる筋肉疲労の緩和効果などは、現代社会に於いては若くても必要となる機能です。

ですが、この「なごみアイ」には、抗酸化作用に加え、吸収力の低下して中高年向けにクロセチンが配合されています。

クロセチンは、超微細構造でアスタキサンチンやルテインとも相性が良く、吸収を助ける働きをします。

また、中高年では特に補給が必要なヒアルロン酸も含まれ、細胞の老化予防には嬉しい処方内容となっています。

ですから、「なごみアイ」は目の症状に悩む中高年には、おすすめのサプリメントと言えます

■ 効果的な飲み方

牛乳はダメ

ルテインは、水に溶けず脂に溶ける脂溶性なので、牛乳と一緒に飲むと良い!

などと言う方がいますが、これは間違いです。

日本人の多くは乳糖不耐症です。

乳糖不耐症とは、牛乳を消化するための酵素であるラクターゼやガラクトキナーゼなどの消化酵素が、離乳期を境に腸内から消滅してしまい、牛乳を消化できない体質のことです。

つまり、消化出来ないものと一緒に飲むことは、そのまま排泄されてしまいます。

また、乳脂肪は腸の吸収器官である腸管に膜を張り、著しく吸収が遅れてしまいます。

ですから、特に栄養素を補給する必要が有る場合には、間違っても牛乳と一緒にのむなどどいう、馬鹿な事をしてはなりません。

水に溶ける

そもそも、「なごみアイ」のルテインは、脂肪酸と分離されたフリー体ルテインが配合されています。

水溶性ですので、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

胃腸の活動周期

飲むタイミングとしては、胃や腸の働きが活発となる午前10時頃がベストのタイミングです。

朝、飲むのであれば、目覚め直後で朝食までには時間を置いた方が良いでしょう。

■ 最安値で購入するには

利用する場合の最安値情報は以下のようになっています。

基本的に、公式販売サイトが最安値で継続できます。

 Amazon 販売なし
 楽天ステラ 1ヶ月分 5,390円(送料無料)
 コンビニ(各社) 販売なし
 ドラッグストア 販売なし
 公式販売サイト 初  回 1,980円(税込、送料込)
2回以降 3,980円(税別、送料別)

 <公式販売サイト>

 

毎日クリアな世界に【なごみアイ】

 

このページの先頭へ