【テアニン快眠粒】の健やか効果とは!

テアニン快眠粒

この時期、お仕事での異動、お引越し、お子様の入学、入社などと生活環境にも様々な変化がある方も多いことでしょう。

環境の変化になかなか慣れず、寝つきが悪くなったり、スッキリ起きられなかったりすることがあります。

そんな春の睡眠でお悩みの方にオススメなのが機能性表示食品『テアニン快眠粒』。

テアニン快眠粒は、L-テアニンを主成分として、健やかな眠りをサポートする(消費者庁届出-A262)機能性表示食品です。

現代人の多くは、緊張が連続する社会生活にさらされている為に、この時期に限らずさまざまなストレス障害から活動と休息を切り替える体のリズムが崩れてしまい、十分な睡眠をとれない人がとても多くいます。

睡眠不足が続くと危険

十分な休息をとれない状態が継続すると、内臓機能の低下や免疫力の低下となり、風邪を引きやすくなったり肌荒れが現れたり、頭痛やうつ病などの慢性的な状態や疲労蓄積から心筋梗塞や脳梗塞などの命の危険に直接関わるような重大な病気を引き起こす原因にもなります。

睡眠を十分取ろうと早めに寝てみるが、あれやこれやと考え始めてなかなか寝付けなく、かえって目が冴えてしまうなど良くあることです。
これは交感神経が活発になっており、体全体が急速状態になっていない為です。

人の体には多くの時計細胞が存在し、休息状態へ切り替わることで日中にダメージを受けた細胞を修復します。

睡眠不足で肌荒れするのはダメージ細胞を十分に修復しきれない為です。

このように健やかな睡眠は健康維持にはとても必要なことで、慢性的な睡眠障害は一刻も早く解消しなければなりません。

テアニン快眠粒はL-テアニンを主成分として、眠れない夜を解消してくれるものですが、その効果についてどのような内容なのでしょう!

テアニンの効果とは!

テアニンを含むもの

テアニンはチャノキ(茶の木)とキノコの一種であるニセイロガワリにしか見つかっていないアミノ酸で、茶の旨味成分の一つです。
テアニンは臨床試験において、様々な効果が確認されていいますが、睡眠指標のアウトカムでは以下の内容が確認されています。

臨床試験で確認された効果

  • 疲労回復は[MD 1.68; 95%CI: 0.93, 2.43](Pooled Value p<0.0001)で、有意に改善した。
  • 睡眠時間延長感は[MD -0.57; 95%CI: -1.18, 0.55](Pooled Value p=0.07)で、改善傾向を示した。
  • 起床時の眠気は[MD 1.18; 95%CI: 0.37, 2.00](Pooled Value p=0.005)で、有意に改善した。
  • 夢みは[MD 0.85; 95%CI: -0.10, 1.81](Pooled Value p=0.08)で、改善傾向を示した。

出典:消費者庁への届け出内容

テアニンは血液脳関門を通過できるために精神に影響を与える作用があり、リラックスの指標であるα波の上昇がテアニンを摂取の30-40分後に確認されます。
50mg摂取では不安傾向の低い人に、200mg摂取では不安傾向の高い人においてもリラックス効果が認められています。
つまり、不安傾向の低い人と高い人のどちらにも、α波の上昇が確認できるとしています。

また、抗ストレスの効果についても同様に効果が確認され、人にクレペリン型暗算課題でストレスをかけ、ストレス負荷による心拍数変動、唾液中の免疫グロブリンAの値など主観的ストレス感でも、テアニン摂取でストレスの抑制が確認されています。

睡眠に関する多くの臨床試験に於いて、テアニン摂取により睡眠の質の改善が報告されているもので、特に睡眠が浅いためにおきる中途覚醒の減少が認めらたとの内容から、
被験者へのアンケートにより起床時の爽快感、熟眠感、疲労回復感の改善が認められている効果はありがたいものです。

更に、夜、興奮して眠れないなどの経験は誰しもが経験していることですが、テアニンがグルタミン酸の興奮毒性を防ぐ可能性も予測されています。
また、あるラットの実験では神経系の変性・衰退を防止する効果も確認され、ラットの記憶障害を防止するという。
記憶障害などと関連する統合失調症の治療において、抗精神病薬にテアニンを併用して投薬することで、統合失調症のいくつか症状が減少することが、プラセボ対照試験で示されています。

以上のことから消費者庁の内省評価として、テアニンを就寝前に 200mg 摂取することにより、「疲労回復」および「眠気」についてはテアニン摂取と強い関連性で改善効果が認められ、「夢み」や「睡眠時間」についても関連性はあると評価されたものです。また、裏付けとなる客観的な評価として、自律神経系の「交感神経」の抑制に関してはテアニン摂取との関連性があり、生理学的に本来の睡眠状況に近づけると評価されたものです。

まとめ

以上がテアニン快眠粒の効果の内容ですが、さまざまな病気や体調不良の原因となる睡眠障害は、早めに対処して体のリズムを正常に戻してください。

健康維持や老化予防には十分な睡眠が基本となります。

生活環境の変化やストレス対策として、サプリメントを利用してみるのも一つの改善方法として取り組んでみるのも良いのではないでしょうか。

 


通常1か月分1袋が4,800円の商品を定期コースをお申し込みになると、初めての方、1世帯、1袋に限りなんと特別価格の980円で購入することができます!



 

このページの先頭へ