「糖カロセーブ」は男性がランチに使うと良い|糖質の多いメニュー

「糖カロセーブ」は男性がランチに使うと良い|糖質の多いメニュー

男性肥満

ランチの手作り弁当派が年々増す中、ランチ業界もあの手この手で顧客獲得に熱が入ります。

チラシの配布や割引サービスなどと趣向を凝らし、ついつい誘惑に負けてしまう自分もその一人かも。

ランチを選ぶ判断基準は、何と言ってもワンコインのメニューです。

言うまでもなく、500円でボリューム感たっぷりのメニューが人気。(第一生命調査

ですが、糖質割合の観点で見ると、ここには大きな問題があることを知っていましたか?

それは材料コストが低い、炭水化物多く含まれていること。

脂質の多いメニューは、男性もダイエット志向からか、どうしても伸び悩んでいるのが実状のようだ。

となると、500円でボリューム感を出すにはどうしても炭水化物が主体となってしまう。

低価格で満腹感が必要となれば、お店もお客も互いのニーズが一致する。

ということで今回は、30代から50代男性の定番ランチメニューの糖質割合を見ていこうと思います。

合わせて「糖カロセーブ」が、どのように役立つかを確認したいと思います。

■ 定番ランチメニューベスト5(月~金)

通常、750円~850円くらいするものが、ランチ時になると500円になる割引サービスをしているお店が多い。

利益率は低くなるが、数で勝負しようという作戦なのだ。

更に、他の店と差別化するために、副食やデザートなども付く。

これでは、太るのも当然。

太ってしまった

太ってしまってから、一念発起して見るけど、やっぱり食べてしうまうのが人情というもの。

前置きはともかく、どれくらいのカロリーがあるのか、さっそく見て行きましょう。

キューピー算定基準を使用していますので、標準的なカロリー値となっています。

(実際には、ランチ時となると量や副食などで20%ほど増えるのが必然でしょう)

▼ 1位 ラーメン類

ラーメン

最もカロリーが少ない「醤油ラーメン」の場合。

めん230g/チャーシュー20g 約429kcal 角砂糖 17.4個分(推定21個分)

スープや副食などを含めると520kcal(推定)以上は食べたことになる。

糖カロセーブ使用:最低でも156kcalは減らせる。(角砂糖 6.3個分減らせる)

 

▼ 2位 丼物

牛丼丼物で最も消費量が多い牛丼の場合

ごはん250g/肉70g 約770kcal 角砂糖 27.7個分

これに、味噌汁を一杯食べると最低30kcalが加算され、合計で800kcalとなる。

糖カロセーブ使用すると:最低でも240kcalは減らせる。(角砂糖 9.7個分減らせる)

 

▼ 3位 パスタ類

ミートスパゲッティ標準的なミートスパゲッティで計算

めん250g/ひき肉50g  約614kcal 角砂糖 19.4個分

ランチ時ともなれば必ずスープなどが付き、推定20kcalが加算で合計で634kcalとなる

糖カロセーブ使用すると:最低でも190kcalは減らせる。(角砂糖 7.7個分減らせる)

 

▼ 4位 うどん類

かけうどんまず基準としては、「かけうどん」で計算(夏場は「かけそば」が増えるが)

めん250g 307kcal 角砂糖 14.6個分

実際には、天ぷらうどんなどが多いのとスープが加算され、推定50kcalほど加算され合計で357kcalとなる。

糖カロセーブ使用すると:最低でも107kcalは減らせる。(角砂糖 4.3個分減らせる)

 

▼ 5位 カレーライス

カレーライス意外と需要が少ないランチだが、家庭で食べることが多いのだろう。

ごはん230g/肉60g 783kcal 角砂糖 27個分

糖カロセーブ使用すると:最低でも235kcalは減らせる。(角砂糖 9.5個分減らせる)

 

どうでしたでしょうか、標準的なランチメニューでも、意外とカロリーがありますよね。
でも。実際にお店の競争でカロリーは更に増えていることを頭に入れておくべきでしょう。


上のランチメニューを、月~金曜まで食べたとします。

ランチの総合摂取カロリー : 3094kcal/2500円を食べている。

「糖カロセーブ」使用によるカロリー減少 : 最低でも928kcalを減らすことが出来ます。

これは、1日平均185kcalで、これは体重70kgの人であれば、毎日早めのウオーキングを35分やらないと消費出来ないカロリーです。

痩せないといけないと、雨の日も風邪の日も、毎日ウオーキングを30分以上歩くことができますか?

ムリってもんでしょ

大変失礼ながら、恐らく無理でしょう。

でも、何かしないとメタボは解消できません。

将来、定年間近に病気で早期リタイヤ!などになっては大変ですよね。

そこで、無理な食事制限をすることなく痩せる「糖カロセーブ」の利用がおすすめです。

これで安心

上記のランチメニューは、不況の中で節約志向から標準的な上位5メニューを例として掲載しましたが、もっとカロリーの多いものを食べているのが実際のところではありませんか?

心筋梗塞や脳梗塞など、いわゆる生活習慣病患者は年々増加しています。

企業戦士として戦い続ける日々の中、ついつい忘れがちになってしまう自分の健康管理。

取り組み易いサプリメントの利用なども、検討されたらどうでしょうか。

今ならお安く始めれるようです。


「糖カロセーブ」は、信頼ある株式会社DMJ(DMJえがを生活)のサプリメントです。

価格表

〓4大特典付〓「糖カロセーブ」楽天定期購入 1袋(初回半額・送料無料)糖質や炭水化物が気になる方へ。食事から摂取した糖質や血糖値を抑制すると報告される話題の機能性表示食品【サラシア サプリ】【血糖値】【糖質制限】[売れ筋]

このページの先頭へ